高級マトンを使った札幌ジンギスカン

じんぎすかんクラブについて

広大な敷地に一歩足を踏み込めば、夏になるとしょうぶが咲き誇り、冬になると一面白銀の世界をスノーモービルで満喫。北海道の移りゆく季節を肌で感じ、大自然と出会ったあとは、おいしいジンギスカンを存分におたのしみください。

ソムリエの選ぶワインと一緒にジンギスカンをご賞味下さい。

「ジンギスカンと言えばビール」とおもわれる方が大半だとおもいますが、ジンギスカンとワインはとってもよく合うんです。当店のソムリエが選んだ厳選ワインと一緒にジンギスカンを食べられるのも当店の自慢のひとつです。セラーに貯蔵されているワインもちょっとしたものです。ワイン好きのかたもそうでないかたもぜひワインとジンギスカンをお楽しみください。

北海道のジンギスカンの歴史はここから。

「八紘学園」の創立者である栗林元二郎氏が、満州から野戦料理であるジンギスカンを北海道に持ち帰ったことが発祥のルーツと言われています。時代が流れても、昔と代わらぬ受け継がれた伝統の味わいが守られています。※左図の新聞は昭和28年10月5日発行 「成吉思汗クラブ報」

ページの先頭へ